id="date"> id="date">

マニュの店

手づくりと、忍城おもてなし甲冑隊&全国のおもてなし武将隊を応援中!

体験会の案内

先日の京成大久保駅近くの喫茶店「カフェパパ」さんで、ポストカード展が開催され無事に終了しました。
その展示中、韓国メドゥプを披露してくれた澤村先生。

初日に何故か出店者が澤村先生のアクセサリーを買占める
事態が発生!ピーポーピーポー!!
大変です、初日で商品が完売です!!
先生、今日は明日のために徹夜で作品を作ってください!!!

その澤村先生の韓国メドゥプ体験会が開催されます。
日時:9月8日土曜日 13時~16時
場所:カフェパパ 2階
体験会参加料:2,500円


20070830224236.jpg

スポンサーサイト

テーマ:d(*`・∀・)b よっしゃぁっ!! - ジャンル:日記

  1. 2007/08/30(木) 22:47:02|
  2. 体験会 その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

縄文博物館でのワークショップ

8月25日 船橋市海神にある縄文博物館で「和紙でうちわ作り」
の体験会があり、お手伝いに行ってきました。
http://www.city.funabashi.chiba.jp/tobinodai/gyouji-work.htm

墨流しって知ってますか?
西洋ではマーブル模様を紙に写し、便箋や封筒にしたりしています。
それを墨でできるんです。

墨のものは見たことが無かったのですが、プロの方もいらっしゃる
とか。。。
それだけ奥が深い技術なんですね。

当日は午前と午後の2回開催で、各20名ずつの参加でした。

まず先生がやり方の説明をします。

「墨と油を交互に水に落とすと、同心円の波紋が
広がっていきます。それに息を吹き替え模様を作ります。。」

20070827005456.jpg


今回受講生は幼稚園生から小学生までが殆どです。
でも先生の手元を見つめる目は真剣そのもの!

さっそくみんなでやってみました。
エアコンがついているので風が流した墨に影響を与えて
上手く同心円になりません、、でもまたそれが変った
模様になって、手では絶対書けない模様に仕上がっていきます。

団扇に必要な枚数は2枚ですが、みんな何枚も和紙に
模様を写し取っていきます。

そして和紙が乾いたら、団扇に貼つけ完成!
残った和紙は持ち帰って、封筒やぽち袋にして使ってもらう
よう説明をしました。

去年は墨で縄文をイメージした線を書いてもらい、水彩絵の具で
薄く色を延ばした団扇を作りました、その時もそうでしたが
子供が書く絵って本当に素晴らしいです。

変な気負いがないでいでしょうか。ホントに凄いです。

話し変って、縄文の模様はアイヌの模様と共通してるところが
あるなーと、ふと思い思わず写真を撮りました。
文様の追求は、やってみたい事のひとつです。

20070827010946.jpg

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/08/27(月) 01:12:17|
  2. 体験会 その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

築城400年

先日テレビを見ていたら、なんと彦根城は
今年築城400年なんですね。
私の大好きな熊本城も今年築城400年なんですよ。

関が原の戦いが1600年。それから7年後の完成すね。

彦根城は井伊家が殿様で熊本城は加藤家
(→その後細川家と移っていきました。)


加藤家は清正の息子、忠広の時に改易の
憂き目に会い、控えていた池上本願寺から、
出羽国庄内藩主酒井忠勝にお預けとなってしまいました。

江戸には加藤家ゆかりの場所がたくさんあります。
まず上屋敷は、今の桜田門警視庁のあたりにありました。
近くの憲政記念館近くに碑が立っています。
中屋敷は、ホテルニューオータニのあたり。庭には清正時代の
石灯篭や樹木があるそうです。
下屋敷は、明治神宮のあたりです。
お庭には清正井戸があります。

加藤家は2代で改易、残された屋敷はすべて
井伊家に譲られています。
理由はよく調べてないので不明ですが、
井伊家は譜代大名筆頭の家柄です。
加藤家が所有していた場所が、
一等地だったから譲られたのでしょうか。

いまでも十分な一等地ですよね。
下屋敷なんて、神社になってしまったし。。。

井伊家といえば、井伊直弼。
水戸藩士に暗殺されてしまった「桜田門外の変」は有名です。
今の警視庁あたりから皇居に向かっていくと「桜田門」が
あります。、門の外だから「桜田門外」なんでしょう。


井伊家は幕末、大政奉還後に藩論を転向して
新政府側に属し、鳥羽伏見の戦い、
戊辰戦争にも参加していくんです。

そして加藤家。改易された加藤忠広は
出羽国庄内藩主酒井忠勝にお預けとなり、
その地で亡くなってしまいます。
今の山形県鶴岡市です。
前にそこに行った時に聞いた話ですが、
言い伝えによると忠広は地元の女性との間に1男1女を設け、
子供を女性の実家にかくまりました。
しかし男子は見つかり殺されましたが
娘は生き残り、地元酒蔵にその血は受け継がれているそうです。。
それが今の加藤嘉八郎酒造ということだそうですよ、

2家のお城がちょうど400年。スタートは一緒だったのに
その後、辿る道筋は様々でした。

いま2つの城はそれぞれ築城祭りをしてます。
そして、それぞれキャラクターがいます。
私としては彦根城のキャラ「彦にゃん」のほうが
かわいい。。かなと思います。



テーマ:▼どうでもいい話 - ジャンル:日記

  1. 2007/08/24(金) 00:36:05|
  2. 日本の各地、歴史 など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

突板で時計のリニューアル

きりえ作家であり、韓国メドゥプの達人、まのさんから、こんな情報を
頂きました。

「突板シートを使って時計をリニューアル」

http://manoan.blog54.fc2.com/blog-date-20070715.html

こりゃすごい、まるで買ってきたみたいに完璧かつ、かわいい仕上がり!

それが手軽に出来るんですね。

みなさんも是非作品を作ったらご連絡ください!
紹介させていただきますね!

テーマ:こんなの作りました♪ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/08/19(日) 15:10:40|
  2. 日本の各地、歴史 など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

突き板とトンコリ

今日は、突き板を使ってトンコリという楽器に装飾を施してみました。

●まずトンコリとは??
トンコリとは樺太アイヌの弦楽器で、五本の弦を張ったものが多いことから一般には「五弦琴」と訳されます。

今年K.D earthという北海道苫小牧出身のグループが演奏していたのを
聞いて、その音を聴いて感動したのでした。
そして東京駅八重洲口近くにある「アイヌ文化交流センター」」http://www.frpac.or.jp/index.html
「アイヌ民族博物館」http://www.ainu-museum.or.jp/でトンコリを弾き、「アイヌ民族博物館」で練習用トンコリがあることを知ったので、早速購入。
そして私を含め3人がトンコリ片手に、ほぼ毎週練習することになったのでした。

そして前回、突き板 DEカード で作ってもらったカードを「アイヌ民族博物館」にお送りし、またK.D earthにも差し上げました。

そのカードをみて、ふと「デザインした突板をトンコリに貼り付けたら
さぞかしキレイだろうなあ」そんなことをフト考え、フト口にしてみたら、早速体験会をする事に決まったのです。

そしてきりえ作家picaさん登場!

まず、みんなでアイヌ関係の本を見て適当なデザインを考えます。
「んん。。デザインはステキだけど切り抜くとなると大変かも」
紙にデザインを書いているうちに、あれれもう出来上がった人がいる!
それも一番大切にしているキャラクターを中心にしたデザインです。。
なかなかかわいい

そんなかんなであっと言う間に時間が過ぎ、なんとか出来上がったのが
以下の作品です。

20070810013659.jpg


どうですか?なかなかいい感じでしょう?
まだ全部は完成してませんので、出来上がったらまたアップします。

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

  1. 2007/08/10(金) 01:40:41|
  2. 日本の各地、歴史 など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7