id="date"> id="date">

マニュの店

手づくりと、忍城おもてなし甲冑隊&全国のおもてなし武将隊を応援中!

書写山 円教寺

来年の話をすると鬼が笑う、なんてことがありますが
スピーディーな現代、来年のことはあらかた決まっていたりします

大河ドラマも、朝の連ドラも、そうですね
去年の今頃「八重の桜」の台本を見せてもらったのが昨日のように思い出されます

今年は「軍師・官兵衛」
軍師といえば、山本勘助の「風林火山」以来でしょうか
姫路にある「書写山」
ここでもロケをおこなったそうです

ロケ

ここは「ラストサムライ」、大河ドラマ「武蔵」のロケで使われたところ

今回はここを訪れました。

姫路駅からバスターミナルへ行き、窓口で書写山行きというと、ロープウェーとバスの往復チケットを
売ってくれます
1300円だったかな?

この時、天気がよければ「お弁当」をもっていくのがいいですね
下界を見下ろしながら食べるお弁当は格別

ロープウェイからの眺め

IMG_20131015_110305.jpg

ま、私が移動するというまでもなく天気が悪く、この日はなんと午後から台風が
来るという予報。
なんでまあ、この日にいらっしゃるのでしょうねえ

なんてブツブツ言いながら、ロープウェイで頂上に到着。
ここから歩いてお寺まで行けますが・・・
ちょ、ちょっとまって。
けっこう「山道」です。この日の私の靴はパンプス。
少し焦りながら左手を見ると、バス乗り場を発見

よかった!と駆け寄りバスに乗りました

結果乗ってよかったです。かなり「山」です

そして到着したのが「円教寺」

IMG_20131015_111813.jpg

こんな山の中に立派な建物。木材は・・・周辺にたくさんあるか。

IMG_20131015_112731.jpg

今回は雨だろうと、一眼は持参せずスマホで撮影
よくロケで使われているのが、ここから歩いて10分のところにある
「食堂」と言われているところ

矢印に沿っていくと、山道が・・・

この日ここを歩いていたのは私一人。
薄暗いし、なんか出そうだし、正直怖かった
修行の場なので、野性味あふれる趣です


やっと到着!よかった!って声が出た。


IMG_20131015_153118.jpg

このすごさは、スマホじゃ撮れない
やっぱり一眼レフ持参だったでしょうか

IMG_20131015_153053.jpg

人が立っていると、伽藍の大きさがわかるのですが。
ここで、市川海老蔵「武蔵」と宝蔵院 胤舜と戦ったところ

ここのシーンは今でも覚えています
かっこよかったなあ

IMG_20131015_152947.jpg

って浸っていたら、雨がポツポツ、そしてざんざん降り!

ウォーと思っていたら、急ぎの電話

ああ、今度は晴れの日にゆっくりきたいですね
冬は雪が降りそうなのでお勧めしません

じゃいつがいいの? 「今でしょう!」

お粗末様でした

スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/10/31(木) 06:40:41|
  2. 日本の各地、歴史 など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さてさて、お次は?

年をとったら宍道湖あたりで、玉造温泉をひきいれた家に住みたい

これが私の夢!

みんな「じぇじぇじぇーー!」っていうけど、宍道湖はなんだかとっても大好きです

sssIMG_8187.jpg


この日は曇り
そしてこの日は15時には松江を離れないといけないので、夕日が見れないのが残念
まあ、曇りだからこの日の夕日は望めませんがね

そして大黒様の予言(?)通り雨が降ってきました
薄明るいのに「雨」

仕方がない、傘をさすとしますか

松江しんじ湖温泉駅から松江城に向かって歩きます


市役所の裏手に見えてきたのは

sssIMG_8190.jpg

松平直政公の銅像


sssIMG_8192.jpg

どこを仰ぎ見ているのでしょうか

さて松江城

sssIMG_8195.jpg

堀がとっても素敵です
堀を船でめぐることもできます。冬になると炬燵が船に設置されるみたい
一度乗ってみたいなあと。目の前にして乗れないのが何とも。。。

sssIMG_8196.jpg


忍城の沼や堀も残っていればこんな佇まいだったのではないと、勝手に想像してみたり。

武家屋敷もよい佇まい。そしてここには小泉八雲の住居もあります

sssIMG_8197.jpg

そして今回、ほんとうの目的は「八雲庵」の鴨そば

わあー!ずーーーと食べたかったんだ!!

sssIMG_8198.jpg

席に着き時計を見ると14時
バスは15時50分発

松江城にもおもてなし武将隊がいるらしいから、行ってみようかな
なんて、おそばを待ちながらわくわくしたいました
ふっと、予約したバスの時刻を確認しようとメールをみると
なんと 14時50分発!
1時間もない!!

そばは案外早くでてきたので、すごい勢いで食べながら
タクシーを呼んでもらう

あんまり勢いついたためか、美味しいおそばを堪能できない自分が悲しかったです

慌ててお金を払い、うまいタイミングで来たタクシーに飛び乗り
バスに乗り込み・・・・

バイバイ松江、また来るよ

今度は「ついで」じゃなくてね

温泉を浸かりながら宍道湖を眺めたい。今度はそれを目的でこよう

あ、カニもね!

そして島根は「岩見神楽」が盛んな地域

松江もそうですが、浜田、益田も盛んらしい

今度はそれも合わせて見にくるね

あ、そんなことしたら松江を堪能できないかなあ

悩むなあ~




テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/10/25(金) 11:11:11|
  2. 日本の各地、歴史 など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まだまだ旅は続きます


わたし「神様、毎度毎度、出かけると雨なんです。日頃の行いが悪いのでしょうか」

神様「雨降ってても問題ないね」

先日訪れた浅間神社で引いたおみくじに、そのように書いてありました

IMG_20131021_134644.jpg

ほんと?大黒さま

確かめに行っちゃうよってことで、大黒様が祭ってある出雲大社へ

出雲大社は大国主命(オオクニヌシノミコト)が祭られておりますね
大国は大黒(ダイコク)とも読めることから、大黒様と同じといわれているとか

日本の神様はたくさんの名前をもっているからややこしいような面白いような。

朝なんとなく目が覚め、窓をみると朝焼けが・・・・


sssIMG_8171.jpg


出雲で見ると朝焼けも神々しく、ありがたいような気がします

出雲は何年振りだろう・・・
ついノリで来ちゃいましたが、今年は60年ぶりの遷宮の年
ただし、伊勢神宮のように全部お社を建て替えるのでなく、部分修復とききました


sssIMG_8174.jpg

ここの祭祀は神代の御代から「国造」家が守ってきたとか
国造って名字、さすが~!って感じです

松の参道を歩いていくと

sssIMG_8175.jpg

左に因幡の白兎の話の彫刻が。

sssIMG_8176_20131023151436364.jpg

そして有名なしめ縄もある場所につきました

sssIMG_8177.jpg

れれ?前に見たときよりしめ縄が小さい??

まあ、それはよしとして。。。

前はあのしめ縄から垂れ下がっているところにお金を投げて
落ちてこないと吉、みたいに聞いていましたが、いまはしめ縄保護のためそれを
しちゃいけないんだそうです

今回この屋根は、60万枚の檜皮を使っているそうです
きれいですね

sssIMG_8179.jpg


そして大国主命は南ではなく、西に向いて座しているそうです
みんながお賽銭を投げるところは見てないなんて
なんで~???って感じですね

前回来たときご祈祷をしてもらったので、今回もと思っていましたが
ツアー客の多いこと、多いこと

これじゃ時間が無くなると、次の場所松江に移動

もちろん一畑電車で。

そうそう、出雲市駅から出雲大社に行く電車に「しまねっこ」が
乗車してました

sssIMG_101307.jpg

sssIMG_101356 (1)

ソファーもラブリー!
前に座っていた方とアミダで結ばれたらこれも一興

sssIMG_101356 (2)


この一畑電鉄に乗っていて何か懐かしさを感じると思ったら
「秩父鉄道」の雰囲気に似てました

江ノ電とか
秩父電車とか
一畑電鉄とか
三陸鉄道もこんな感じなんでしょうか

日本のローカル電車よ!今が手を取り一致団結するときではないですか!!

そうそう、一畑電鉄には若い女性の車掌さんが乗っていて
ゆいちゃんに似ていました

目の前で「あまちゃん」を見てるみたいでクラクラしました




テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/10/23(水) 23:34:02|
  2. 日本の各地、歴史 など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

伊達武将隊 at 東京駅

先日、仙台の伊達武将隊が東京駅にきました
伊達武将隊は、恵比寿以来ですので約1か月振り?
地元忍城には全然行けてないのに、最近はいろんな武将隊を見てますね

忍城はこちらが時間があると遠征でいなかったり
なかなかタイミングが合いません

なんてこと考えながら、伊達武将隊です

今回は18時からの演舞

sIMG_8215.jpg

暗い中撮るのは難しいですね

sIMG_8204

支倉様がサラリーマンに交じって歩いていたのが
最高に面白かった

そんな場面は一瞬なので撮れないものです

東京のサラリーマンも特に気にせず歩いてるのが
クールというか、なんというか。



3代目小十郎様、お初にお目にかかります

sIMG_8224


本当にみなさんサービス精神にあふれていて、演舞中と終わったあとの
トークの落差が激しくて楽しい


最後どなたかのストロボに便乗しました

sIMG_8245


おっと、草介さんが切れてしまった

sIMG_8244

今年は支倉様が「サン・ファン・バウティスタ号」に乗り出航してから400年
ヨーロッパにわたっても紆余曲折、日本に帰ってきてからも、切支丹禁止令が出たり
ご苦労の絶えない方でしたが、そんなことには負けない
強靱な精神力の持ち主だったのでしょうね
だからお館様に見込まれたのでしょう

支倉様の肖像画入りコーヒーもいただきました

また江戸に来てくださいませ!

いつか仙台も行きたいと思います


テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/10/23(水) 11:40:01|
  2. 全国武将隊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

安芸ひろしま武将隊

熊本から福岡、そして広島に戻ってきました

福岡にも「おもてなし武将隊」がいるみたいですが
時間がなくてカット!

広島は夏に来た時あまりに暑くて、倒れるかと思ったけど
この時は空気がさわやかになったようですが
まだまだ日差しが強い日でした。


sIMG_8091_20131021073231b13.jpg

こちらは忍城と同じく、土日に演武です

sIMG_8158_201310210728464a5.jpg

ますは、左から
五龍姫、吉川元春、宍戸隆家

saki2_20131021073227919.jpg

五龍姫は毛利元就の娘。敵対する宍戸家に嫁ぎ2家をつないだ
吉川元春は言わずとしれた、元就の三人息子の次男


そして、左から
小早川隆景
毛利隆元
毛利元就

saki_201310210732165de.jpg

小早川隆景 毛利家三男 小早川家に養子に入る
毛利隆元  毛利家長男 14代目当主
毛利元就 
本拠地:吉田郡山城(安芸高田市)
毛利家第13代当主。戦国最高の知将、稀代の策略家と評される。幼少期は困窮した生活を強いられ「乞食若殿」と呼ばれていた。安芸の小規模な国人領主から中国地方のほぼ全域を支配下に置くまでに勢力を拡大、中国地方の覇者となる。
(安芸ひろしま武将隊HPより)

演舞もあり、歌もありという武将隊です


毛利元就さま

sIMG_8111_20131021072901899.jpg

かっけ~!

演舞と歌もありで素晴らしい!


sIMG_8140_20131021072856c5a.jpg

小早川隆景さま


smohri1_20131021072745a3d.jpg

宍戸隆家さま

葵武将隊の初代本多忠勝さまに似てる気がする。。。

sIMG_8106_20131021073235811.jpg

立っている位置の関係で、五龍姫、吉川元春さま、毛利隆元さまがうまく撮れず
残念だわ!

sIMG_8144_201310210728524d3.jpg

結成してまだ2か月くらい?
地元のファンもついていて、これから大きく飛躍すること間違いなし!

毛利元就さまは安芸高田市出身なんですね
安芸高田市といえば、岩見神楽が盛んです

広島に行ったとき、よく岩見神楽のポスターをみたので
Youtubeを検索したら、たくさん出てきました

その中で一番目を引いたのは「横田神楽団」
神楽のイメージが一新!
演目は歌舞伎と同じものが多いけど
こちらもおもしろいです

「葛城山」 能だと「土蜘蛛」

長いけどよかったらこちらをご覧くださいね

鬼役の人の回転のキレが素晴らしいですよ

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/10/22(火) 22:00:08|
  2. 全国武将隊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

熊本おもてなし武将隊 続き

台風が来るというので、用事を切り上げ新幹線に飛び乗った

この時期修学旅行生が多く、昼間の時間というのに
なかなか希望の時間帯が取れない

台風に押されながら帰ってきた感じです
大きな被害がないといいのですが。。。

さて、熊本おもてなし武将隊の話
この日の3回目の演舞は、宇土櫓のほうの天守閣前で開催


sIMG_8003.jpg

ssIMG_8006.jpg


ssIMG_8010.jpg


ssIMG_8016.jpg


ssIMG_8037.jpg

途中清正さまの烏帽子がすっ飛ぶという珍事が発生!

ssIMG_8025.jpg

なんとか烏帽子をかぶり直し、再度撮影

ssIMG_8067.jpg

熊本はアジアのお客様が大変多く、いろんな言葉が飛び交ってました

ssIMG_8078.jpg

大きな城は維持費が大変だったと、歴史秘話ヒストリアでやってましたが
櫓一つにしても、ちょっとした天守閣のよう。

ssIMG_8084.jpg

そして
熊本を後にしてやってきたのが、このお城

ssIMG_8090.jpg


まだまだ続きますよお

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/10/16(水) 10:51:17|
  2. 全国武将隊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

もう10月!

ただいま西日本巡業中

一度家に帰ってきました
来週また行きます

出発の日
前日までなんだかんだと午前様
5時30分に家を出るので、起きれないと思いソファーで就寝
そして4時のアラームに一旦目が覚めましたが、またまた心地よい眠りに誘われました
2度寝って気持ちいいよね
次に目が覚めたのは5時

30分しか時間がない!!
化粧は空港でするとしても、荷物のパッキングをなにもしていなかったので
慌ててキャリーバッグに着替えやらなんやらを投げ込みました
でも、頭が働いてないので気ばかりが焦り、5時15分でギブ。

いいや、新幹線で行こう

そこからの行動は素早かったですよ
飛行機をキャンセルして新幹線を予約
スマホでできることに改めて感謝

こんな新幹線も乗れたし。

sakura.jpg

関門海峡を走っているところを撮ろうと、ずーー窓を見ていましたが
気が付いたら小倉

seikan.jpg

新幹線は海のしたのトンネルを通るので、外は見えませんでした。
当たり前のことも実感すると納得がいきますねえ

さて、向かった先は

熊本

5時間半の旅でした。座っているこに限界を感じました。

夜、福岡に戻ればよかったので、滞在時間はなんと4時間

まずは熊本城でしょう!

sIMG_8088.jpg

頬当御門のところには出陣表がありました

sbanhyou.jpg


まずはもなにも、熊本城しか行ってませんが・・・

この日は大変暑く、さっそくかき氷を。
それも「冷やしいきなり団子つき」

sIMG_7993.jpg


熊本城の中も、久しぶりに入ってみました
熊本城は大天守閣と小天守閣の2つの天守閣をもったお城です
前に来た時は小天守閣は入れなかったと思いましたが、今は入れるようです

kumamoto2



小天守閣からの眺め
こちらは隣の大天守閣

sIMG_7976.jpg


sIMG_7981.jpg


sIMG_7973.jpg


石垣はいつ見ても素晴らしい。

大河ドラマ「天地人」の第1回目で、大阪城に見立てて
熊本城が出てきたことを思い出したり・・

そして今、お城といえば「おもてなし武将隊!」

まずは、加藤家三傑 庄林隼人!

syoubayashi.jpg

加藤清正長女 あま姫

ama.jpg

加藤家三傑 飯田覚兵衛

ホーチミンはベトナムね!

iida.jpg

同じく加藤家三傑 森本儀太夫

morimoto.jpg

薩摩藩主 島津義弘!

shimazu.jpg

来年大河ドラマの主人公ですね!黒田官兵衛

sIMG_7899.jpg

そして最後は、熊本城築城主にして初代熊本城城主 加藤清正!

kiyomasa2

太陽をまともに浴びて暑い!そしてみなさん、もっと熱い!

そしてこれだけいると、どこに焦点を合わせたらいいか迷いますね

kiyomasa_2013101000483761a.jpg

この日は3回も演武をしたのです

私は2回目と3回目を鑑賞

sIMG_7923.jpg


3回目は、いろいろあって面白かった!

それは次回に続く



テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/10/10(木) 01:28:06|
  2. 全国武将隊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0