id="date"> id="date">

マニュの店

手づくりと、忍城おもてなし甲冑隊&全国のおもてなし武将隊を応援中!

今年一年ありがとうございました

私のブログに訪問ありがとうございました

年末に向け仕事の遅れを取り戻すべく
がんばったら、奥歯が疼き出し激痛が(ToT)
年末年始の暴飲暴食が押さえられていいかも。
なんて言ってる場合ではありませんが、
今年以外に体調悪い年で、胃の再検査も行ってないことに気がついたり。

来年は自身を大切に、日本中駆け巡ります

またお付き合い下さい

では、良いお年をお迎え下さい

スポンサーサイト
  1. 2014/12/31(水) 15:33:02|
  2. 日本の各地、歴史 など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

年末ですね!大妄想大会!!

昨日の夜、あまりに寒くて目がさめました

そして今日、事務所は完全空調が切れて、個別空調に。
個別っていったってフロア全部が温まるわけでなく、寒い

コート着て仕事してました
明日は帽子が必要だわ
だって、明日は雪らしいじゃないですか!
もしかしたら電車止まっちゃうかな。
あんな寒いところで1晩過ごしたくない

売り物のマッチでも点けて温まろうかしら。(突然「マッチ売りの少女」に変身) 
シュッ!

IMG_20141222_121036.jpg

ああ、これはXmasイブ ランチパーティーの宴
久しぶりに丸焼きキチンを見たなあ

2本目
シュッ!

ウニクレソン

たまたま入った「広島焼」のお店で注文した「ウニクレソン」
「ウニホウレン」のホウレンソウとはまた違う触感で美味しかったなあ

3本目
シュッ!

IMG_20141225_223519.jpg

Xmasのディナー、アワビパティ―
中身はとっくに胃の中でした。刺身&バターソテーで美味しくいただきました。
ちなみに昨年はカニ鍋。もうカニいらないっていうくらい食べたっけ。

4本目
シュッ!

Classic.jpg

いつも結びのお教室でお世話になっている「アートスペースカフェパパ」での忘年会
五稜郭で見つけたビールを差し入れ。
甘くておいしかったなあ。
北海道はなんでも美味しい!

つぎ・・・、あれ?もうマッチがない

ああ、これで私の妄想も終わりなんですね

仕事にもどりましょう

最後に

IMG_20141226_214043.jpg

「アートスペースカフェパパ」での忘年会恒例、DVD視聴会!
去年はドリカム、今年は聖子ちゃんでした

聖子ちゃん、紅白のトリなんですよね
私、見る事できるかなあ

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2014/12/29(月) 00:12:53|
  2. 日本の各地、歴史 など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ぼけっとしてたら・・・





Xmas.jpg




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2014/12/25(木) 00:07:22|
  2. 日本の各地、歴史 など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

最後の地

土方さんの最後の地は、いろいろ候補があります

十字街のあたり

十文字

そして有名なところでは


1本木門

1本木門2

一本木の関門

1本木門3

函館駅から歩いて15分くらいでしょうか
雪があったので結構時間がかかりました

1本木門5

お花やお線香がたえません

1本木門6

1本木門11


この石碑は、道路の中央分離帯にあったそうですが、ここに移動

150年前この道路に木の柵が建てられ、道路を通る人から通行税を取っていました
そのお金は旧幕府軍の蝦夷共和国の軍資金に充てられました

そして函館に新政府が攻めてきたとき、弁天台場で戦っていた
旧幕府軍が後ろの函館山から攻めてきた新政府軍に囲まれ、孤立無援状態に。
その援軍に土方さんは向かいました
そこで戦ったのが1本木関門か、十字街あたりと言われています

位置関係はこんな感じ

1本木門4

こんな雪の朝、だれもいません。

それもお線香やお花なんて思い浮かばす。

っていうか、ここにこようと思ったのは、朝早く立つお友達を見送った後でした

来れたことに、ちょっと感動

1本木門7

こんな感じで突撃していったのかもしれません
(五稜郭タワーのジオラマより)

IMG_3293.jpg

30分ほどいたでしょうか。
寒いから帰るかと、石碑に背を向けた途端、空から大量の何かが降ってきました


スズメと

1本木門10

ハトの軍団

1本木門8

突然のことにびっくりし、しばし動けない

これは「帰らないで」っていうこと??

でも彼らの(?)顔は、こう私に問いかけていました

1本木門9

だから、朝ここに来ることに決めたんで、お線香もお花も、エサもなんの準備もないのよ

今度来るときは、忘れずに持ってきますね。

今度は桜の季節に来て、五稜郭から函館山まで歩いてみたいなあ。

と思いつつ、このまま五稜郭に向かうとしましょう


テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/12/21(日) 00:03:48|
  2. 日本の各地、歴史 など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

キタ ノ ソラ 夜景編

世界三大夜景の一つ 函館の夜景

前日雪が降ったので空気がキレイだったようで、光がチカチカして美しかった

yakei.jpg


yakei2.jpg

先ほどのクリスマスツリー

yakei3.jpg

クリスマスツリーと五稜郭タワー

yakei4.jpg

函館ハリストス正教会復活聖堂

yakei5.jpg


宿泊したホテルもステキでした

yakei6.jpg


テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/12/16(火) 11:11:11|
  2. 日本の各地、歴史 など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

家にあるカレンダー

家にあるカレンダーは、NTTdocomoからもらったもの
日本の素敵な景色がイラストになっていました

12月は、函館 金森倉庫とクリスマスツリー

これを見て「函館かあ、10年前に行ったなあ。また行きたいなあ」と、しみじみ見ていたんです

金森

ホントに来れた

金森2

頂上はロープウェイの建物

金森3

金森倉庫にあるクリスマスツリーは、毎年カナダから運ばれてきます

金森4

点灯!

金森5

花火も上がりました

金森6

ゆるキャラの髭が、白い葉っぱみたいでカワイイ

金森7

東京から来た身には、函館の夜は覚悟をしてきたとはいえ、寒い!
心底冷えた体を温めるのは、やっぱりこれでしょう!!

金森8

函館地酒利き酒セット

なみなみと注いであるのが嬉しいですね!


そして!

金森9

うに、いくら は外せません。
ほかにサーモンやマグロを食べましたが、口の中でとろける~!!!

そんな金森倉庫近くのホテルに宿泊
今回は仕事なし、友達と一緒だったので、ホントに楽しかったです!!

朝の風景 

金森10

ツララが下がっています

金森11

旅行にきたーー!って感じで盛り上がりますね!!

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/12/15(月) 11:11:11|
  2. 日本の各地、歴史 など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キタ ノ ソラ 2

栗塚旭さんと山本耕史君のトークショーが終わったあと
五稜郭タワーに登りました

あ、トークショーですが2時間もあったのでいろいろな話題があったのですが
思い出したら記載するってことでご了承ください

エレベーターの中
上に行くにつれて浮かんでくる・・・・(^◇^)

五稜郭

五稜郭!

五稜郭1

全体を入れるとこんな感じ
枠が邪魔ですけど。

五稜郭2

ちょうどいいところに模型が!
模型の左側が五稜郭タワーから見た正面になります

五稜郭4

5時から城壁に沿ってライトアップ。空から見るとキレイな星形なんでしょう
タワーの上からでは近くて、星形がみえませんけどキレイですね

五稜郭5

真ん中に建っているのが「函館奉行所」
140年ぶりの再建だとか。初めてみました!
復元は全体の1/3だそうです

そして後ろを振り返ると、函館山
ここからの夜景は世界三大夜景と言われています

五稜郭3

そして幕末三大残念のうちのひとつ(私が勝手に命名)
「開陽」の沈没
内容はここを読んでくださいね。画像をクリックすると大きくなりますから

五稜郭6

沈みゆく開陽丸を見ながら、近くの松に拳を打ち付ける土方さん
この松は、いまでも江差にあり「嘆きの松」と名前がついてます

五稜郭7

そうそうこのジオラマ、何年まえだったかなあ、熊本の鶴屋百貨店に展示されていて
ビックリしたことがありました。
懐かしいなあ

五稜郭タワー
キレイですね

五稜郭9

函館の夜は、始まったばかりです



テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/12/14(日) 15:24:55|
  2. 日本の各地、歴史 など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

キタ ノ ソラ

i-padの薄桜鬼で土方歳三ルートを攻略した夜
私の寝ている枕元に、土方さんが現れました

私    「ひっ、土方さん!」
土方さん「土方ルート攻略おめでとう。攻略の記念に函館に来ないか?」
私    「えっ!!」
土方さん「ほら、おいで!」
彼が差し出した手に身をゆだね、ピーターパンとウェンディーのように空を飛び
ホントに来てしまいました 「函館」

土方さん「まずは五稜郭に行こう。」
私    「五稜郭は10年前に訪れたきりです。
      そういえば、五稜郭のどこかに土方さんの遺体が埋葬されていると
      言われてますが、ホントですか?」
土方さん「・・・・・(彼は私の問に応えず、薄く微笑んだままだった)」

五稜郭タワーは10年前新しく建て替えられました。
沢山の人が中にいて、何かが始まるのでしょうか

私は周囲を珍しそうにながめ、前に視線をもどした時には、もう土方さんはいなかった
私   「土方さん!?」
彼の名前を呼んでみたが姿はどこにもない、とその時
私   「あ!」

hakodate1.jpg

そこにはブロンズ像になった土方歳三さんがいたのでした

そして・・・

hakodate2.jpg

そうなんです、今回の目的はこれ!
1週間前に行くとこを決めました(笑)

栗塚旭さん
1965年司馬遼太郎原作ドラマ『新選組血風録』(NET・現テレビ朝日)で土方歳三役を演じ、好評を博した。
(原作者である司馬遼太郎から「あなたこそが土方歳三や」と言わしめた逸話も残っている)
2004年には香取慎吾主演NHK大河ドラマ「新選組!」で土方歳三の兄役で出演。

山本耕史さんは、2004年には香取慎吾主演NHK大河ドラマ「新選組!」で土方歳三役を
演じ、栗塚さんから「土方歳三はこれから山本耕史君にゆだねた」と言ったとか。

そんな二人の対談ですので、外せません!

2005年山本耕史君ファンクラブ主催のツアーで初めて函館を訪れ
ここでトークショーを開催し、耕史君とKD.earthのライブを鑑賞
健ちゃんも元気で、大ちゃんも、耕史君も、もちろん私も、今より10歳若くて・・・・
お二人の話を聞きながら、いろんなことを思い出してました。

こうしてまた函館を訪れることができて、ホント嬉しいです。

栗塚さんはホントに明るくて気さくで、大変ステキな方でした
耕史君も大きな劇場で重要な役をやる機会も増え、ますます忙しそうです

トークショーが始まる前に、小腹を満たす

hakodate3.jpg

マグロの解体ショーで解体されたマグロ丼
冷凍でないので柔らかく、口の中で身が溶ける~!

薄桜鬼をきっかけに、土方さんや新選組に焦点があたった1年
素敵な締めくくりになりそうです

徐々にアップします!

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/12/06(土) 00:15:55|
  2. 日本の各地、歴史 など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

広島リベンジ

今年は台風に翻弄されました

なぜ土日に台風がくるのでしょうね

そんな中に行った広島、宮島

昨年仕事で広島に長期滞在をし、宿泊していたホテル前に
新選組が長州征伐に行くため待機していたお寺があったそうです
今そのお寺は原爆で倒壊し、ほかの場所に移転しています

そのお寺の名前は「国泰寺」
関ヶ原の戦まえは、「安国寺」、あの安国寺の恵瓊がここにいたんですって

目の前にみるのは「白神社」
この神社は安国寺があるときからこの場所あったとか

hiroshima.jpg


hiroshima4.jpg

木があるあたりの後ろは、ANAクラウンホテル広島
ここに滞在していたのに、目の前のあたりがそれだとは気が付かなかった

hiroshima2.jpg

だから今回行ってみました

hiroshima3.jpg

ここの看板を読んで、思い出しました。昨年も読んだことを。
説明には長州征伐新選組近藤局長が滞在したことは一切触れていなかったと思います

ここに立った時、「響ノ空」が頭の中でリピートしていました

そしてもうひとつ、リベンジ

前回はANAクラウンホテル広島近くにあったこのお店
今回は本店に行ってみました「弁兵衛」


弁兵衛

広島といえば、鉄板焼きでしょう!

ここは目の前の鉄板で調理し、目の前にある鉄板に置いてくれます

弁兵衛4

弁兵衛3

そして!マジウマ
「ウニホーレン」

弁兵衛2

お酒がすすみますねえ

東京に帰ってきても、東京の「弁兵衛」に行ってしまいました
お店の雰囲気は本店が好きです
瀬戸内はホント、ご飯がおいしいですね

ホントは広島城に行き「安芸ひろしま武将隊」を見にいくはずが
台風のため断念
朝早く名古屋に移動し、時間があったので名古屋城の「名古屋おもてなし武将隊」に
会いに行こうと思えば台風の為閉園

ホントに!

来年は台風に合いませんように


テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/12/04(木) 23:15:53|
  2. 日本の各地、歴史 など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2