id="permanent"> id="permanent">

マニュの店

手づくりと、忍城おもてなし甲冑隊&全国のおもてなし武将隊を応援中!

あんまり暑くて、北海道が懐かしい

暑中お見舞い申し上げます

あんまり暑くて参っちゃいますね。お買い物に行きたいとこですが
日が陰ってから行こうと、待機中

そうそう、北海道です
伊達市の次は、札幌市。

ここは北海道大神宮

北海道神宮

このブログをお読みいただいている方は、ご存じだと思いますが
なんつったって、雨に遭遇する確率が高いんです

この日も雨。。

だからカメラを取り出すのも億劫になって、これでおしまい。

考えてみたら札幌って10年前にスキーに来て少し廻ったことがあるくらいで
観光したことがないのです。
なんてことを考えながら移動した先は「小樽」

otaru.jpg

ほら~、わかりやすい写真でしょ!

運河沿いのホテルに宿泊しました
けど、夜は飲んだくれて、まったく観光っていうのをしなかった

でも私の好きなものは外しません
商店街には

otaru2.jpg

キャー榎本さん!!!
ここにいらしたのですね

函館では人気がない榎本さん、小樽では榎本さんで盛り上がろうと
しているようです

榎本武揚と小樽
 榎本は北垣国道(第4代北海道庁長官)とともに、1872(明治5)年国有地払い下げの折、
小樽の土地20万坪を購入し、北辰社を設立して市街地開発を進めていきました。
榎本は明治初期の、主に港沿いにしか施設がない時期に、将来の小樽を展望し、
多くの人々が住む市街地として、谷地同然だった稲穂町の開発を進めました。
また、所有地の一角に小祠を設け、これが今日の龍宮神社の前身といわれています。

ここが入り口

enomoto2.jpg

振り返えった風景

enomoto3_201508021642216e8.jpg


enomoto4_2015080216422394e.jpg

石段をのぼると榎本さんが!

enomoto6.jpg

enomoto9.jpg

enomoto10.jpg

榎本さんはここから海を眺め、いろいろ思いを巡らしていたのかもしれません

関係ないことですが、
武揚さんの幼名は釜次郎、そしてお兄さんの幼名は、鍋太郎
お父さんのセンス、いいのか悪いのか。。。。

今回は駆け足で巡りましたが、最後に小樽で
余市行きの電車をみつけて、余市にもいかなきゃいけないし、江差や松前や、北海道はまだまだ
行ったことがないところが沢山あると思ったのでした

帰りは晴れるんです

enomoto8_201508021719326f6.jpg

クラッシックは飲み飽きたので、恵比寿をいただきました

やっぱり北海道はこれじゃなきゃね!
小樽の市場で食べた海鮮丼!

syokuji.jpg

松山千春さんがお好きな方は、こちらにどうぞ
「千春鮨」

syokuji2.jpg

翌日のお昼のお弁当
エビ、カニ、ウニとイクラ、王道が入っていてうれしかった!

syokuji3.jpg

最後はラーメンで!
苫小牧の「王華」ラーメンを札幌空港でいただきました

syokuji4.jpg

やっぱり「クラッシック」飲んじゃうよね~!!

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/08/02(日) 17:38:30|
  2. 日本の各地、歴史 など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<これで安心!!?? | ホーム | 伊達市は城下町のようだった>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://manunoko.blog104.fc2.com/tb.php/1001-ac9ad92d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)