id="permanent"> id="permanent">

マニュの店

手づくりと、忍城おもてなし甲冑隊&全国のおもてなし武将隊を応援中!

初めての岩国!

前回のブログでは、広島駅でおもてなし4武将隊+1名の軍団に遭遇し
かなり舞い上がっていた私でしたが、広島に来た本当の目的は
横田神楽団を見るため!

その日の午前中は初めての錦帯橋を見に岩国へ!!
なかなか神楽の話題に行かなくて、ごめんなさいね。

岩国には広島バスセンターからバスが出てます
約1時間で錦帯橋脇のバス停に到着!車窓から錦帯橋が見えてきたみたいで
社内でどよめきが起こったのですが、なるべく見ないようにしました
降りてからちゃんと見たかったので。

k2_20150902080039c40.jpg

k3_201509020800400e5.jpg


k1_201509020800374b8.jpg

いやあ、いい眺めですねえ
なんでこんな太鼓橋を作ったのかと言いますと
川が氾濫するたび橋が流されてしまったそうで、流されない橋を!という
藩主の願いからこの橋が考案、一度は流されてしまったものの再度架け替えて
1674年から昭和25年までの276年の間1度も流されなかったそうです。
残念ながら昭和25年の台風で橋が流されてしまったとか。
その後再建されて2001年に再度架け替えがあり、20年に1度ずつ架け替えていくのだとか。

世界遺産にしたいようですね、外国人の観光客も結構いました。

橋を渡ると、当時の武家屋敷の面影を感じることができます

k10.jpg

こんな写真しかないのが残念です

いまはロープウェーで行けますが、1600年代はここまで資材を運んでくるのは大変だったろうと
思われます。

ロープウェーを降りて、3分ほど歩くとお城に通じる階段がありました
この雰囲気、姫路の書写山に行った時を思い出します。

k5_2015090208010743b.jpg

山の上にある岩国城は、1607年に完成。しかし7年後の1614年には一国一城令により破却されてしまいました。
藩の政務は山のふもとにある館で執り行われていたそうです

今の岩国城は昭和に復興城として建てられたもの。
本来の天守閣は現在の位置から若干奥まったところにあったそうです


k6.jpg

右手に当時の石垣がありました

k11.jpg

ここから雨が・・・!お約束ですかね

お城の中は展示品が飾られていました
おお!刀剣!!

k8.jpg

k7.jpg

備前長船には優秀な刀工が多かったそうです
備前長船兼光知ってましたが、長光は初めてみました。
こちらには数多く刀剣が飾られていました

他にもこのような剣があるそうです

k9.jpg

村正か・・・!
村正は徳川家康のおじいちゃんとお父さんが殺された時に使われた刀
「妖刀村正」なんて言い方もしますね
関ヶ原の戦いの時、西軍の将は東軍の家康を打つため、村正を買い漁ったとか。
真田幸村の愛刀も「千子村正」

一度見てみたいものです。

帰り、錦帯橋の上から撮りました
鮎を釣っているようです

k.jpg

ここは鵜飼も見れるし、川岸でバーベキューを楽しんでいるグループもいました

錦帯橋付近は川に足を浸して、ボーーとしていたい、気持ちの良い場所でした

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2015/09/07(月) 01:08:01|
  2. 日本の各地、歴史 など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<横田神楽団 | ホーム | 思えば叶う!安芸ひろしま夏の陣>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://manunoko.blog104.fc2.com/tb.php/1006-65c9b579
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)