id="permanent"> id="permanent">

マニュの店

手づくりと、忍城おもてなし甲冑隊&全国のおもてなし武将隊を応援中!

滋賀の旅。安土。


午前中、テレビをつけたら大河ドラマ「太閤記」をやっていました。

主演:豊臣秀吉 緒方拳
    織田信長 高橋 幸治

NHK大河ドラマ「太閤記」は、日曜日夜8時という時間帯に変更した
第一弾のドラマだったそうです。
先ほど、緒方拳さんを偲んで放送していました。

織田信長といえば安土城。

じつは最近滋賀を旅行しました。

あ。京都に行こう!というと、「いいなあ、私も行きたい!」と、
憧れにも似た気持ちになりますが
あ。滋賀に行こう!というと、なんで?何か用事があるの?って訪ねられそうです。

滋賀はこれで3回目

1回目は名古屋城~岐阜城~安土城を巡る旅。
2回目は彦根城とひこにゃんを見に行く旅。
今回は、源氏物語千年イベントの旅。
今年は源氏物語誕生1,000年なので、ゆかりの地を
巡る旅。。。。。のはずが

やっぱりどうしても、 お城>源氏物語になってしまい、
連れを説得?して安土城と彦根城に行ってしまいました。

天気も良くて、早速レンタカーを借りてまずは安土城にGo!

5年前に行った時は、入り口の石の階段の両隣りには前田利家、豊臣秀吉の館あと
という立て札と、うっそうと茂っている木々が印象的でした。
今回行った時はその辺りの木が伐採されて、周辺も整備されていました。
確かな情報ではないのですが、お城が復元される・・という話も聞いたような
気がしますので、その準備をしているのかもしれません。

最近の発掘では、清涼殿と同じ建物があったことがわかったそうで、
天皇を京都から呼び寄せようとしたのか、自分が天皇(天主)になろうと
したのか、と、様々な説が出てきました。

その部分は案外狭く、「ここに清涼殿?」と思ったものです。


次に「安土城天主 信長の館」に行きました。
ここには5階6階が復元されています。

概観も南蛮ぽくて凝った作りですね。

田んぼの真ん中に建っている姿は、異様な感じもします。

信長が生きていた時代、この地には南蛮寺やセミナリオがあったり、
楽市楽座で「市」も盛大にさせてたくさんの人の往来があり
物凄く賑わっていたのでしょう。

今は本当に静かです。

安土

この建物の後ろにある建物のなかに
「復元された安土城の5階と6階」部分があります。
前にNHKで城復元のドキュメント番組をやっていました。
「ここだけの復元で物凄くお金がかかってしまい、全体を復元したら、いったい
いくらかかるのか??」という事を関係者が話をしていた場面が
とても印象に残っていました。

どんなにお金をかけたか、まさに百聞は一見にしかず!

豪華豪華~!

本当にこんなものが、建っていたの???と思う程、豪華です。

安土桃山


大きすぎて上手くカメラに納まりませんでした。kao06

秀吉の「黄金の茶室」は有名ですが、(悪趣味~と思っていました、実は)
この城を見ていたからこそ、「黄金の茶室」なんていう発想が湧いたのでしょうね。

いやーこんな豪華な城が建っていたのですね。あの山頂に。。

今みてもすばらしい。

人間の力って凄いですねーー。


その晩京都に泊まったのですが、そのホテルは本能寺の隣にありました。

朝、本能寺を散歩してみたら、信長さんの墓と私たちって隣同士で
寝ていたようです。(1階と9階の違いはありますが)

昨日の晴天とは打って変わって、雨模様。。。

本殿は修復中らしく囲われていて、見れなかったのが残念でした。
(緑の屋根の建物のなかに本殿があります)

でも信長がなくなった時の本能寺の場所は、ここではないらしいですが。。。

ちょっと、ホッとしました。


本能寺









関連記事
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2008/10/25(土) 12:50:03|
  2. 日本の各地、歴史 など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<滋賀の旅。彦根。 | ホーム | 10月のノッティングワーク(結び)講座の報告です。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://manunoko.blog104.fc2.com/tb.php/108-cd20ff37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)