id="permanent"> id="permanent">

マニュの店

手づくりと、忍城おもてなし甲冑隊&全国のおもてなし武将隊を応援中!

滋賀の旅、その前に。

昨日家に帰ってテレビをつけたら、「美の壺」を放送していました。
私の大好きな番組です。

File107 天守閣 

お!これはこれは。。(谷啓さん風)

先日行った彦根城が画面に。

天守閣はお殿様のシンボルマークなので、天守閣は城下のどこからみても
正面を向いているようになってるとか。

「城主というのは民に向かって背中を向けてはいけないのです。」だそうです。

正面の効果を出すのは、破風。
これを作ることでどこから見ても正面!という効果を発揮しているそうですよ。


どれどれ、私の撮影した写真で確認しましょう。

彦根城2

彦根城3


21909235_1303665265s[2]

4面全部に破風がついてますね。

お城ってどのアングルから撮っても、美しく撮れるのは、四方が正面だからなんですね。

納得。

番組では松江城も取り上げていました。

松江城は8年前2000年1月1日出雲詣でに合わせて行きました。
松江城の天守閣も彦根城と同じくらいの規模でかわいかったです。

中は、各階のふすまに歴代の城主の主だった出来事が絵で描かれていたと
思います。

松江城の周辺も昔の面影が色濃く残っていて、情緒があった素晴らしい町でした。
小泉八雲の家も残っていたし、鴨南蛮の美味しいお蕎麦屋さんが
ありましたね。八雲庵だっだと思います。

お蕎麦を食べながら、ボタン雪が降る庭も眺めていました。

宍道湖もきれいだったなあ。また行きたいですね。


そして、番組は「お城壁の色は時代のモード」といってました。

黒=豊臣
白=徳川

すると、今の大阪城は??となります。

現在は

初層から4層までは徳川時代風の白漆喰壁とした一方、5層目は豊臣時代風に黒漆に金箔で虎や鶴(絵図では白鷺)の絵を描いている。(Wikipediaより)
そうです。

私は、5層目に描かれた虎と白鷺の絵が好きです。


このブログを入力している最中にこんなもを発見。

財団法人日本城郭協会

スタンプラリーをやってるそうです。早速入会しなきゃ。

今まで行ったことがあるお城も結構含まれていますね。

リピートするには遠いところもあるけど、これを機会に再度訪れるのもいいかもしれません。

またお城は日本の手工芸の集約されているところ。
見ていて本当に飽きません。

そして石垣もいいですね。大阪城の化粧石垣はペルーの石垣も顔負け?と思うくらい
美しいですね。あんなのどうやってつけたんでしょうね。

また旅に出たくなりました。。。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:和風、和物、日本の伝統 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/11/01(土) 11:42:53|
  2. 日本の各地、歴史 など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<源氏物語 宇治 | ホーム | 滋賀の旅。彦根。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://manunoko.blog104.fc2.com/tb.php/110-493655b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)