id="permanent"> id="permanent">

マニュの店

手づくりと、忍城おもてなし甲冑隊&全国のおもてなし武将隊を応援中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

横浜トリエンナーレ

今日は、天気がよかったですね!

と、いうことで、今日は横浜トリエンナーレに行ってきました。

途中で携帯の電源がなくなってしまったので、会場の模様は撮影できませんでしたが。。


横浜


どうですか!この良い天気!
でも朝早かったせいか寒いです~!!

さてまずは桜木町駅から赤レンガ倉庫まで歩いていきます。

途中 北中橋を渡ります。うろ覚えですが、この橋は明治40年頃に架けられた橋で
よく見ると、鉄道の線路がまだ残っています。

横浜2


赤いところの左側を見ると、線路の名残がわかりますね。



テクテク歩いて赤レンガ倉庫でチケットを購入して、まずは第一会場へ。

この次点で結構歩いたような・・10%気持ちは挫けてます。。

入り口にある作品「ヨナタン・メーゼ」という人の作品。
いかにも現代美術という感じです。
よく見ると「茎わかめ」の小袋も散乱しています。
これも作品の一部?

私の家の散らかりようも見方を変えると「芸術」かもしれない。

なんて、頭をよぎりました。

次に、印象に残った作品は、ペドロ・レイエス

あやつり人形を使った映像。

ひょっこりひょうたん島?を連想させる人形。しかし内容はシュール。
一番感心したのは、電子レンジ。すごく良く出来てる。
これも作ったんですね。すごいー!

こういう細かいこだわりに、芸術を感じます!

あと、ギターの音が「ジャラーン」となる作品。作家名がわからないのですが
凄くいい音で、この音を出すのに何回ギターを弾いたんだろう?

スピーカーも良いので、、生で聞いてるみたいです。

次は、
ミケランジェロ・ピストレット


鏡を置いたあと、ハンマーで叩き割ったと思われる作品。

思わず立ち止まって見てしまいました。。

割れた鏡に映っている自分がアートに思えました。


などなど、現代アートは良くわからないと思っていましたが、今回は
作品をみて「感じる」ことが大切なんだなあと思ったわけで・・

カレンダー展で久しぶりに作品を作ったせいもありますが、
「現代アート」「芸術」は日常生活のちょっとした瞬間にもあるのではないかと
思いました。

たとえば。。

うまく包む事ができたパッケージ。

きれいに掃除した部屋。

手に負えないと思った事が、上手いタイミングで解決できた瞬間。


日常のそういう瞬間を切り取って限られた空間であらわす事が
私にとっての「現代アート」のような気がしました。


もし、私に空間を与えてくれたら何を表現するだろうか??

それを見た人は何を感じてくれるだろうか・・・

その究極が自分の部屋かもしれない・・

ああ。掃除しなきゃ。

そんな事を考えながら、銀座に移動。

今日はカレンダー展の最終日なので、作品撤去に行きました。


今回の作品は、K.D earthのドラマー兼ボーカリストで先日亡くなった
結樺 健さんに捧げるカレンダーオマージュでした。

この作品をみて、亡くなった事を知り、連絡を下さったかたもいました。

また何人かの方からは、「よい作品だった」とおっしゃってくれました。

ありがとうございました。


ことしもあと1ヶ月で終わります。

銀座もきれいなクリスマスイルミネーションで輝いていました。

銀座


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:アート・デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/12/01(月) 01:29:01|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<谷中でアート | ホーム | カレンダー展開催!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://manunoko.blog104.fc2.com/tb.php/123-08dda8b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。