id="permanent"> id="permanent">

マニュの店

手づくりと、忍城おもてなし甲冑隊&全国のおもてなし武将隊を応援中!

今年のお盆は。。。

今年はスッキリ晴れた夏!にはちょっと程遠いかもしれませんね。
また地震や台風、のりピーの事件など、ニュースから目が離せません絵文字名を入力してください



ところで我が家の今年のお盆は少し特別です。

ものづくりの達人の祖父が亡くなって33年。
今年は33回忌の法事を行いました。

祖父、祖母、父と、亡くなってしまったけれど、
今の私たちがいるのはご先祖様のおかげですね。
ところで33回忌というのは、33年(または50年)をもって
死者は個性を失い、祖先になるそうです。また仏教では、
亡くなって33年目には、どんな罪を犯した人でも無罪放免になって、
極楽浄土にいけるとされている考え方もあるそうです。

祖父も極楽浄土で楽しく過ごしている事でしょう。

祖父の生業は、建具師。私が小さい頃、家族で夕飯を
食べおわって一息ついていると、たまに職人仲間のが
祖父を迎えに来る事がありました。
「どこにいくの?」と尋ねる私に、「難しい仕事を手伝いに行った」と
祖母が教えてくれました。
それほど腕が良く周囲からも慕われた祖父でした。
背は高くてガリガリ。子供心に祖父は「ジャイアント馬場に似ている」と
思っていたのです。。。。たぶん175cm~180cmはあったのでは
ないでしょうか。
「死んだら普通の御棺では入らないから、前もって注文しなきゃね。」なんていう
冗談も飛び交っていたほどです。
そんな祖父でしたが、ある9月の朝、私が学校に行っている間に
心筋梗塞で亡くなってしまいました。

今でも学校に出かける朝に見た、食卓に座っている祖父の姿を
思い出す事ができます。

後で教えてもらった事ですが、亡くなる何週間前から、
組子細工を額に嵌め込んだ作品を作成していたそうです。
組子細工は今では見られなくなりましたが、障子や欄間のところに
細かく割った木を繋ぎ合わせて、模様をつくり出したもの。
亡くなる頃には、家を建てても窓はサッシに取って変わられ始めた時期。
技術が廃れる、と良く言っていましたので、額にして残しておきたかったのでしょうか。

出来上がって直ぐに亡くなったので、安心したのか、
自分の寿命を感じていたのか・・・

祖父からはいつも「木の香り」がしていました。
その匂いが大好きでした。

家族そろって33回忌を無事に迎えられた事もご先祖様に感謝です。
ですので、キャンドル作家佐藤先生にお願いして
キャンドルランタンを作ってもらいました。

キャンドルランタンなら、お花を添え忘れても仏壇が華やかになるのでは
ないかと・・・
和ロウソクにもお花の絵が描いてありますね。山形で購入した時に聞いた
話ですが、冬にお花が取れないので、その代わりにロウソクに花を描いて
お花の代わりにした、という事です。

なるほど、知恵ですね。

家にあった、桃を使ったお菓子と一緒にパチリ。


090808_205322.jpg

33回忌ですので、蓮の花も少し華やかに色づけしてもらい、
葉は「ひのきシート」で作ってもらいました。

また先日京都に行って買ってきたお線香も供えます。
薫玉堂さんのお線香。「貴船」5,250円也!
ベトナム産シャム沈香の、甘く優しい香りが部屋に広がります。
仏様の食べ物は「匂い」と聞いた事もあります。
今年は奮発しましたよ!

お盆になったらお線香を、キャンドルランタンには火を入れます

"キャンドル

こんな感じになるはず[XmasOrns]キャンドル(*゜▽゜)ノ †SbWebs†

今から楽しみです。

P.S

今薫玉堂さんのHPをみたら、8月20日(木)~ 8月25日(火)
東武百貨店宇都宮店で販売催事があるんですね!
いかなくちゃGO!→


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ハンドメイドの作品たち - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/08/12(水) 09:40:15|
  2. そのた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<出版記念パーティー | ホーム | 手作り市>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://manunoko.blog104.fc2.com/tb.php/149-2093e000
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)