id="permanent"> id="permanent">

マニュの店

手づくりと、忍城おもてなし甲冑隊&全国のおもてなし武将隊を応援中!

お寺めぐり ~世田谷編~

シルバーウィークの天気が良かった日、お友達とお散歩に行きました。

場所は世田谷。

まずは世田谷線に乗って宮の坂下車 世田谷八幡神社へ。
今日はお祭りだそうで、いたるところに神輿が出ています。
ここの神社には土俵があって、東京農大の学生が相撲奉納をするそうです。
しかし、私たちが着いた時間には終わっていたみたい。。

仕方がないので、土俵を見ながら途中で買ったたこ焼きを食べました。
やっぱり食い気が勝りますにっこり

神社にお参りした後、お神楽が始まりました。演目は「菩比神使」
ストーリーがわからず、乏しい想像力を駆けめぐらした結果、
綺麗な顔の人は良い人、
怖い顔の人と、ずるそうな顔の人は悪い人。とあてはめてみました。
(歌舞伎の場合も、色が白い人はいい人、黒い人は悪役となっているようです。
稚拙な表現でごめんなさいはいてんしょんなかお★

調べた結果、

****************

綺麗な顔の人は、菩比命(高天原よりの使者)
ずるそうな顔の人は、建御名方命 (大国主命の息子)
怖い顔の人は、大国主命

菩比命は高天原よりの使者で「この葦原中津国は天津神が治める国なので
はやく献上する様に。」と建御名方命に伝えたところ、
これはまずいと思った建御名方命は、菩比命に酒を飲ませ、舞を踊らせた。
舞を踊って酒が回った菩比命を、建御名方命は討ち取ってしまった。

簡単ですが、こんなお話だそうです。

****************


PICT0081.jpg

世田谷八幡宮の次は、豪徳寺へ。

しかし、暑いたいよう
日傘を持ってこなかった事を大きく後悔しました。

東京でこんな広くて大きなお寺を見たのは初めて!というくらい広い敷地に、
3重の塔まであるすばらしいお寺です。

PICT0082.jpg

この塔の入り口の上には、招き猫が陣取っています。よーく見ると白い何かがみえますね。
それが招き猫です。そーです。ここはいわずもがな、にゃんこが井伊家と縁を結んだ場所。

たまたまお寺の前を通りかかった、井伊直孝公が、門前にいた猫に招き寄せられ
お寺でもてなしを受けていた時に、雷雨に見舞われ、猫によって
災難を逃れた、という逸話があります。

そして150年の時間を経て、ひこんにゃんとして現代に復活ひこにゃん

彦根のよいにゃんことして、今も活躍中。

そういえば、世田谷八幡神社の御由来も

寛治五年(1091年)後三年の役の帰途、
源義家公がこの宮の坂の地で豪雨に会い天気回復を待つため、
滞在することとなり、今度の戦勝は日頃氏神としている
八幡大神の御加護に依るものと思い、
豊前国の宇佐八幡宮の御分霊をこの地に勧請しお祭りした。
とのこと。
(世田谷八幡神社 御由来 より)

豪雨が多い地域だったのか?

PICT0083.jpg

ねこの置物を奉納する場所もあります。

neko.jpg


そういえば、井伊直弼公が日米修好条約を結び、日本が鎖国をやめ、横浜を開国して
今年で150年。
横浜や彦根はイベントで賑やからしいですが、ここはひっそりとしていました。
寂しいくらい。。

横浜市長は御挨拶に訪れたんじゃろか

あ、忘れてならじ!

加藤清正が没後、加藤家は改易になってしもうたが、その後の領地を
引き継いだのが、井伊家であった。

桜田門の憲政記念館近くには「井伊掃部頭邸跡(前 加藤清正邸)」の碑が
たっております。
ここは桜の井戸という加藤清正が掘った井戸もあったそうです。

今でも井伊家ゆかりの地の説明書きには、大体加藤家の話も添えられているのが
興味深いですね。

そんな事を考えながら、世田谷城址公園へ。お堀だけになっています。
こんなところにもお城があったとは!

PICT0085.jpg

世田谷線に乗り、次は松陰神社へ。

PICT0088.jpg


PICT0086.jpg

松陰神社もすばらしく立派です。そして境内横には松下村塾も復元されています。

お守りを購入しようかなあ。。と見にいったところ縁結びのお守りを発見。

私「えんむすびって、松陰先生にはそういうお力もあるんでしょうか。たくさんの弟子を
  お作りになったという点では縁をたくさん作られた、と言えるとおもいますが・・」

友人「そうですね・・・でもよく見ると、参拝にこられている方は
   カップルが多いような気がしませんか?」

私「・・・・ホントだ・・・@困る

数こそ数えませんでしたが、カップルだらけ。

友人「あの場合、男性が松陰先生が好きで女性を誘うんでしょうかね?オレは松陰先生が
   大好きだ!!だからお参りに行こうって」

私「最近は、歴女なるのもはやってるらしいので、女性が誘うのではないでしょうか。」

友人と私。スレ違うカップルたちをじっと観察する。

(お互い顔を見合わせ)
「そんなことより、みんな幸せそうに歩いてる・・・・・」

結論

この神社はえんむすびにも効力ありにっこり?。


しかし、まあ、この世田谷線沿線の史跡は、濃いですね。
松陰神社の地は毛利家の別邸があったところらしいけど
井伊直弼公は安政の大獄で吉田松陰先生を捕らえている。
その二人が近い位置で眠っている。



帰りに商店街をぶらぶらしていたら、こんな旗を発見。

PICT0087.jpg


幕末維新祭り

会津観光物産展も開催!って

えええ!!!!まじですか???

わー、見にいきたいような。怖くて直視できないような・・・

   











関連記事
スポンサーサイト

テーマ:撮影記録 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/09/23(水) 16:19:53|
  2. 日本の各地、歴史 など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<カフェパパさんの新しいスペースのご紹介! | ホーム | きりえ作家 中村頼子さん イベントのお知らせ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://manunoko.blog104.fc2.com/tb.php/159-3a2bbf96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)