id="permanent"> id="permanent">

マニュの店

手づくりと、忍城おもてなし甲冑隊&全国のおもてなし武将隊を応援中!

縄文博物館でのワークショップ

8月25日 船橋市海神にある縄文博物館で「和紙でうちわ作り」
の体験会があり、お手伝いに行ってきました。
http://www.city.funabashi.chiba.jp/tobinodai/gyouji-work.htm

墨流しって知ってますか?
西洋ではマーブル模様を紙に写し、便箋や封筒にしたりしています。
それを墨でできるんです。

墨のものは見たことが無かったのですが、プロの方もいらっしゃる
とか。。。
それだけ奥が深い技術なんですね。

当日は午前と午後の2回開催で、各20名ずつの参加でした。

まず先生がやり方の説明をします。

「墨と油を交互に水に落とすと、同心円の波紋が
広がっていきます。それに息を吹き替え模様を作ります。。」

20070827005456.jpg


今回受講生は幼稚園生から小学生までが殆どです。
でも先生の手元を見つめる目は真剣そのもの!

さっそくみんなでやってみました。
エアコンがついているので風が流した墨に影響を与えて
上手く同心円になりません、、でもまたそれが変った
模様になって、手では絶対書けない模様に仕上がっていきます。

団扇に必要な枚数は2枚ですが、みんな何枚も和紙に
模様を写し取っていきます。

そして和紙が乾いたら、団扇に貼つけ完成!
残った和紙は持ち帰って、封筒やぽち袋にして使ってもらう
よう説明をしました。

去年は墨で縄文をイメージした線を書いてもらい、水彩絵の具で
薄く色を延ばした団扇を作りました、その時もそうでしたが
子供が書く絵って本当に素晴らしいです。

変な気負いがないでいでしょうか。ホントに凄いです。

話し変って、縄文の模様はアイヌの模様と共通してるところが
あるなーと、ふと思い思わず写真を撮りました。
文様の追求は、やってみたい事のひとつです。

20070827010946.jpg

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/08/27(月) 01:12:17|
  2. 体験会 その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<体験会の案内 | ホーム | 築城400年>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://manunoko.blog104.fc2.com/tb.php/16-53a72f6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)