id="permanent"> id="permanent">

マニュの店

手づくりと、忍城おもてなし甲冑隊&全国のおもてなし武将隊を応援中!

東京国際キルトフェスティバル 

毎年この時期に開催している、東京国際キルトフェスティバル

毎年会場に足を運んでいます。

今回初日に行った、そのときのレポートを・・・

会場についたら、長蛇の列。列がドームを一巡してます。
凄すぎる。。。。
どのくらい待つのでしょうか。


15分くらい待ったところで、やっと入場。
会場が広すぎて、どこからみたらいいかわからなくなります。
こういうときは、迷わず正面にあるインフォメーションにいき、会場地図をもらいます。

今回の目的は、韓国の「ヌビ」を見ること。
韓国結びから始まって、韓国の文化に興味をもった私。

私は地図が読める女ですが、一般的に女性は地図が苦手。
何故か隣にいたおば様から、いろいろ聞かれてしまいました。
私はインフォメーションのスタッフじゃないんですけどね。。。

まずは、先生たちの作品を鑑賞。
作風はそれぞれですが、一番に感心するのは完成度の高さ。
先生だから当たり前ですが、一刺し一刺しきっちりしています。
キルトをやったことがある友人いわく
「布を重ねて縫うとき、針をまっすぐ刺さないと布がずれてゆがんでしまう」とか。

うーーんわかりますね。家庭科の時間に苦労したから、
縫うって聞いただけで苦痛アップロードファイル

人が多く、人気の先生の前では人垣が出来て見れないし、通り抜けるのも大変!

それでも何とか前に進み、今度は大賞作品の前に出ました。
コンテストを開催しているようで、手縫いの作品は裏も見れるようになっていました。

そして「ヌビ」は??

人の流れに流されてなんだかわからないところへ到着。
そしてさらに凄い人!!!

だれかいるんですか?って聞きたいくらいみんなが写メしてます。
ナニナニ?
みんなが作品を写メしてます。だれか有名な先生の作品??
人垣を掻き分けキャプションを見ると「三浦百恵」とある。

あーーこれが百恵ちゃんの作品!黄色にオレンジ。プロバンス風な色使い??
人が多くて写メできず。断念して次のところへ。

どうやらここは、マイルームというテーマをもった展示をしているブースらしい。

キャッシー中島さんのお部屋があったり、ビーズ刺繍で有名な田川啓二の
ブースがあったり。。。

と、、あそこで写真に撮られているのは田川さんご本人??
さっそく一緒に写真を撮ってもらっちゃいました。ミーハー精神発揮!!
なかなかイケメンですね。
スタッフさんもいましたが、メンズはなかなかよかったですよ。

そんなかんなで、ずっとずっと人の流れに、流れ流され気が付いたらどこにいるのか
わからず。さとと-涙

とりあえず、お昼でも食べようと出口の方へ。ここで売っているお弁当を買って
スタンド席へ移動。

そこから撮った写真がこれ

きると5


何度も言ってますが、スゴイ人

正直こんな人ごみに、戻りたくない絵文字名を入力してください

でも今日の目的はまだ達成されていない
そこでお弁当を食べ、人がひけるころあいを見て参戦することに。

お弁当を広げて、一口食べようとしたところ、突然「ハワイアン」が流れてきました。
キャッシー中島さんグループ(?)の舞台のようです。
なんだか常磐ハワイアンセンターに来たみたみたい(行ったことないけど)ハイビ

そこにさっそく友達より突込みが!
「今常磐ハワイアンセンターって言わないんだよ」
正しは「スパリゾートハワイアンズ」というのだそうです。
高級な感じのネーミングになりました。
心地よいハワイアンを聞き、フラダンスを見て、お弁当を食べて
体力の回復を待ちました。

なんだかんだと1時間も座ってしまい、なんとなく人も引けてきたので
地図を確認して「ヌビ」を見に参戦!




きると2

このあたりは何故か人が少なくて、ゆっくり見る事ができました。
ヌビを縫っているデモもしていました。

きると3

ヌビとは、布と布の間に薄い綿を入れて、直線的に縫っていく技法のようです。
韓国の冬は寒いから、綿入れは必需品でしょうね。
それでも着膨れなく、美しいたたずまい。

きると4

本当は接近して画像を抑えたかったんですが、小心ものなので
遠めだけの写真になってしまいました。
特に撮影禁止のキャプションはなかったんですが、警備員となぜか目が合うねこ

現代のドレスにアレンジしたヌビもありました。
もう少し点数があればよかったのに、ちょっと残念かな。。

とりあえず目的を達成したので、ぶらぶら気分でここに入りました。

きると

藍染デモもするんですね。時間が合わなかったから見れませんが
日本の刺し子も「キルト」の部類にはいるんでしょう

藍色に白い糸の刺し子は見慣れてましたが、展示されている着物はすばらしいです。
蜂須賀家の着物
藍色ですが、途中に絣が入っています。
藍染の花嫁衣裳もあるんですね


へーーと思いつつなぜ藍色の花嫁衣裳なのか、聞きたくてもだれもいない。
説明版もない。

残念パンダ涙

自分で調べますか。

気が付けば5時。
会場はけっこう乾燥していましたので、水分補給に行きますか!アップロードファイル
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ハンドメイドイベント - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/01/21(木) 11:41:53|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アジアにくびったけ? | ホーム | キルトフェスティバル会場>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://manunoko.blog104.fc2.com/tb.php/188-a05ae89a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)