id="permanent"> id="permanent">

マニュの店

手づくりと、忍城おもてなし甲冑隊&全国のおもてなし武将隊を応援中!

新宿エイサー!

7月31日(土)新宿でエイサーがあり見に行ってきました。

その前に新宿伊勢丹「沖縄展」に行ってみましたが、すごい人で
ゆっくり見れなかった
沖縄そばも長蛇の列。

今回は諦めてエイサーに集中しましょう!


今回は18時からの鑑賞
エイサーは13時30分から開催してますが、さすがに昼間は
暑くて・・・・

今回はバーニーズニューヨーク前で鑑賞です。

まずは「琉球舞団 昇龍祭太鼓」


tabe2.jpg

お獅子がたくさん出てきました。
いったい何体いるのでしょうか。たくさん出てきます。
子供たちは、泣き叫んで大変!

反対側の獅子が、子供にかぶりつきました!
そして飲み込んじゃいましたよ!!!

taberareta.jpg

その後子供は無事に獅子の口から戻ってきましたが、
自分がどこにいるのかわからないようだったので、みんなで「あっち」と
指さして教えてあげました。

次は「楚辺青年会」
沖縄読谷村から参加です!

sono2.jpg

ボケちゃいましたが、白い顔をした
京太郎、三郎(チョンダラー、サナジャー、サンダー、サンラー)。

京太郎は元々は日本本土から渡来した念仏の芸であったが、
古くからエイサーの中の重要な要素であった。
これを務める男性は顔面を白く塗り、勇壮な太鼓打ち、
優美な手踊りの脇で道化役を演じる。
また時には隊列の整理役なども担う。(Wikipedaiより)

先ほどの獅子の衝撃が強かったのか、京太郎が通るたび、
子供たちが泣き叫んでます
そんなに怖いか??

男性も手踊りでした。空手の型を用いているらしいです

sono3.jpg

最後は観客も混じって踊ってました

sono4.jpg


歌舞伎町に移動すると、「琉球旗頭會」の旗がみえました。
暗くてすみません。

sono6.jpg

旗を人から人へ手渡していきますが、かなり重いようです。
傾いてしまったら、手で支えず、棒の先が二股に別れている
もので受けます。

次に演舞を披露。空手の型は魔除のためだとか。

sono7.jpg


最後は「新風エイサー」 様々な大学の学生を中心に活動しているそうです。

sono8.jpg

やっぱり女子は女踊りが、男性は男踊りが似合ってますね
久しぶりに来た歌舞伎町は、コマ劇場の閉館と映画館が閉館して
しまって、寂しい雰囲気ですが、エイサーのおかげで(一瞬ですが)昔の賑わいを
取り戻しているようです。

最後に観客も一緒に踊ってました

sono9.jpg

なんだか、幕末に流行った「えじゃないか」みたい

このまま国会になだれ込みますか!!


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:撮影記録 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/08/01(日) 22:27:59|
  2. そのた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<まる得マガジン ひも結びで暮らしを彩る再放送 | ホーム | まる得マガジン ひも結びで暮らしを彩る>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://manunoko.blog104.fc2.com/tb.php/250-da24784e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)