id="permanent"> id="permanent">

マニュの店

手づくりと、忍城おもてなし甲冑隊&全国のおもてなし武将隊を応援中!

中国大返し その1 信長様(名古屋おもてなし武将隊)に会いに・・・

昨日の日記でせっかく突き板シートの話題をあげたのに
またまたお城談義でございます。

今年のGW、私は大阪へ参りました

その名も「中国大返しを体験してみよー」

中国大返しとは (以下 wikipediaより)

中国大返し(ちゅうごくおおがえし)または備中大返し(びっちゅうおおがえし)は、
天正10年6月(西暦1582年6月-7月)、備中高松城の戦いにあった羽柴秀吉が
主君織田信長の本能寺の変での横死を知ったのち、速やかに毛利氏との講和を取りまとめ、
主君の仇明智光秀を討つため京に向けて全軍を取って返した約10日間にわたる軍団大移動のこと。
備中国高松城(岡山県岡山市北区)から山城国山崎(京都府乙訓郡大山崎町)までの約200キロメートルを踏破した、
日本史上屈指の大強行軍として知られる。この行軍ののち、秀吉は摂津・山城国境付近の山崎の戦いにおいて
明智光秀の軍を撃破した。

いまでは新幹線が通っていますが、400年も昔、人の足で
それも荷物つきで10日で帰ってきたという偉業!
その後、戦ったというから恐れ入りました。

まずは、大阪で織田信長候に拝謁
(携帯のため画像粗し)

309901_1110599485_229large.jpg

脇を固めるのは

309901_1110599638_177large.jpg

一生を秀吉様に捧げ、秀吉様亡き後は家康様に仕え、名古屋城天守閣の石垣を
作り上げた、城作りの名人 加藤清正~!

309901_1110599558_49large.jpg

ミスター徳川家康~!

309901_1110599497_186large.jpg

時代考証まるっきり無視ですな

しかしこのタイミングで、信長様とお会いできるなんて

この日は4月29日 黄金週間初日でございました。
場所は大阪阿倍野にあります「HOOP」イベント広場
この日はCD「百花繚乱」のお披露目と名古屋の観光PRの戦


そして、舞い上がった私はCDを買い握手券を手にいれ、列に並びました
せっかくきたのだから何かしゃべらなきゃ、と思いきや、信長様から
話しかけてくれました。

信長様「どこからきたんじゃー」

私  「下野から参りました」

信長様「それは遠いところからご苦労さんじゃあ。ところで地震は大丈夫だったかや?」

私  「おかげさまで大丈夫でした」

信長様「ところで、今日は何しにきたんじゃ!」

私  「(!)え!信長様に会いにきましたのよん

信長様「上手いな~、おぬし!」

私  「(いえ、上手くないですってば。ホントですってば)


短い時間でございましたが、実に濃いお話ができました(?!)

これから備中高松城へ向かい、信長様が本能寺の変で倒れてしまった後の
秀吉様の足跡を辿ろうとしているとは、信長様も思いもしなかったでしょうね

「おぬし、物好きじゃのう~」

っていわれるのがオチです


今回秀吉様は、名古屋でお留守番でした

隠れ秀吉ファンでもある私

では本命は?

もちろん「加藤清正さま」と言いたいが、最近「ププッ・・」と
笑われることも多々・・・・

このたびの大阪の陣では織田信長さまのファンになりました

さてさて、次の目的地大阪城へ「いざ!出陣」
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/06/21(火) 11:11:11|
  2. 日本の各地、歴史 など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<中国大返し その2 | ホーム | のぼうの城>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://manunoko.blog104.fc2.com/tb.php/339-6b556f17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)