id="permanent"> id="permanent">

マニュの店

手づくりと、忍城おもてなし甲冑隊&全国のおもてなし武将隊を応援中!

おもてなし武将隊 三都物語 1

ずいぶん前のJRのCMにありましたね「三都物語」

大阪

京都

神戸

おもてなし武将隊好きなら

名古屋

仙台

行田 とか 山形 とか 白石 とか続くわけですが

この連休私にとっての「三都物語」が思いがけず完成したのでした!

名古屋

仙台

行田

正確にいうなら

明日行田に行くので、明日完成ですけどね

思いがけず・・・っていうのが、個人的に好き!

当初は、大阪でいろいろこなし、

1)翌日、大阪城内に展示してあった夏の陣の中に
友人の名前があったかどうか確認する

2)京都に移動し、大徳寺を巡る そして帰る。

というスケジュールを考えていたのでしたが、
ここまで来たら名古屋は素通りできないなあと
検索した結果

3)名古屋の徳川園内にある蓬左文庫で「歿後400年 加藤清正の時代」を
やっているじゃないですか!
これは見にいかなきゃね、と1泊増やしたのです
ホントは、名古屋おもてなし武将隊も見たかったのですけど・・・

番外編を先にご紹介

まずは大阪城

110916_091003.jpg

この橋は極楽橋

大阪夏の陣でこちらを逃げ道としてあけており、場内にいた女性たちが
ここから逃げ延びていったとか。屏風に描いてありました


大阪城の石垣にも様々な刻印があるらしく、一覧表になっていたのは
ありがたい

110916_091218.jpg

天守閣に行く途中、淀殿と秀頼自害の地の石碑がありました
ちゃんとお花が供えてあります
(なんとなく正面から撮影できなかった)

yodo.jpg

この日、11時に大阪駅で人に会う約束があり、朝9時から天守閣に入場
小学生の団体が大変多く、前に進むにも気を遣いました

そして、夏の陣の陣形を発見!

よく見たら私の友達と同姓同名ではなかった(残念)
でも名が一緒だったので、彼に教えてあげよう


namaw.jpg


そして、私の誕生日に縁(?)あっての真田幸村さんのお勉強

彼はあのまま、上杉家の養子であったら人生が大きく変わったかもしれないなあ、なんて
思いながら展示を見る

伊達政宗はと真田幸村さんは戦ったんだね!

なるほどって思いながら時計を見ると、10時30分!
やばーーーーいと焦りながら大阪城を後に。

大阪で用事をこなし、京都へ移動

今回行きたかった場所は、大徳寺と大徳寺の鉄鉢料理「泉仙」

所狭しと並べられた器 これは僧が托鉢するために手に
持った鉄の鉢を模したもの 漆の器です

091501.jpg

食べ終わると、このように重ねることができます

091502.jpg

大徳寺は、豊臣秀吉が織田信長の葬式を行ったお寺
また戦国武将が建てた塔中が多いお寺

鬼瓦も多い

大河ドラマ「新選組!」で香取慎吾ちゃんの名前の後ろに映し出される鬼瓦はこれかな?

110916_155726.jpg

こんな鬼瓦もありました

onigawara.jpg

大徳寺の塔中は非公開のところが多いので、特別拝観の時がお勧めですが
数少ない公開されている高桐院

110916_160812.jpg


細川忠興が慶長6年(1601)に建立しました、
開基は玉浦宗紹(忠興の叔父)で本堂正面にお祀りしています、
書院は利休屋敷から移したもので、茶席「松向軒」は秀吉が
北野大茶会を催した時の移築です。
細川家歴代の墓が並び細川ガラシャの墓石となっているのは
当時天下一と呼ばれた利休愛蔵の灯籠です

紅葉の季節にきたら綺麗でしょうね


入る前にお迎えがきました

091503.jpg

ガラシャと申します。よろしゅうに

091504.jpg

と、言ったような気がしました 

この後、京都タワーのバー「空」で一杯 

「ここにイケメンがいる」という情報を掴み訪れたわけですが

「いらっしゃいませ」と迎えてくれた男性の顔を見て、ビックリ!

「丹波様!?」心のなかで叫ぶ!!!! 

外観は向井理

顔は正木丹波守利英(あくまで本人の主観です)

ご興味があれば一度お尋ねください

その時は、バーのカウンターをオススメします
なぜなら、そのあたりで彼はカクテルを作っているので。

ドリンクも、オリジナルカクテルや日本のワインが充実しておりメニューを眺めるのも楽しい
京都タワーという場所が「超穴場」!
混むことなさそうです

ここで美味しかったワインは「鳥居平ワイン

口当たりが大変よく、後味もすっきり!
もう一度のみたいなあ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/09/19(月) 01:30:30|
  2. 日本の各地、歴史 など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<おもてなし武将隊 三都物語 2 | ホーム | またまた来ました>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://manunoko.blog104.fc2.com/tb.php/387-b6210a07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)