id="permanent"> id="permanent">

マニュの店

手づくりと、忍城おもてなし甲冑隊&全国のおもてなし武将隊を応援中!

歳散歩 その3

さて、壬生を後にし宇都宮へ

途中「安塚」を通りました
この安塚は宇都宮を手に入れた旧幕府軍が、
新政府軍と激戦を繰り広げた場所
残念ながら車窓から戦の碑は見えませんでしたが。

東武宇都宮駅から宇都宮城へ。
途中「宮カフェ」という地場産商品が売られているカフェで
お昼を食べました

壬生は寒かったけど宇都宮は夏日。
暑いこと〜!

宇都宮城に行く前に、大きな銀杏の木の前を通りました。
この木は大いちょうと呼ばれています。

戊辰戦争と太平洋戦争と2回の戦火にも生き抜いたいちょう。

小さい頃はもっと大きく、どこからでも見れた印象がありますが、
周辺の建物も高くなり、今じゃ近くに行かないと見えません。

IMG_22.jpg

IMG_21.jpg


そして宇都宮城

IMG_23.jpg

復興城です。
宇都宮城には天守閣がなく、晴明台という櫓が一番高かったようです

本丸も中は更地
将軍が日光に行く時、最後の宿泊地が宇都宮城で、建物は
都度建てられて、都度壊されたそうです。

城主は二の丸に済んでいました、今の宇都宮市役所のあたり。

ここで今回案内をお願いした荒瀬さんと待ち合わせ。
いよいよ、やっと?「歳散歩」の始まりです!!


荒瀬さんは大学生かと思いましたが、社会人でいながら、宇都宮観光の
ボランティアをされているとか。
素晴らしい!!

今回は奥様も一緒で、きめ細かい対応をいただきましたよ


さて、歳三さん率いる新選組がはじめに宇都宮城に攻め入る場所となった
簗瀬橋に移動。

途中晴明台を通り、(復元は平の館になってます。)
ここを発掘した時は、晴明盤がでてきたそう。

なぜに安倍晴明がここに関係があるのでしょうか。
ま、建物の場所が鬼門ということと、栃木県那須には殺生石という
石があり、鳥羽上皇時代、美女に化けた九尾の狐を、安倍晴明の子孫が
見破り、その狐が殺生石に変わったという話もありますので、
こじつければいくらでも。

IMG_25.jpg

宇都宮城は主に土塁が巡らせてありましたが、蓮池のあたりに
石垣があったそうです。
その石垣の石がこれ。家を立てる時に掘り返していたら出てきたとか。


IMG_24.jpg


その家がここ。お肉屋さんです

IMG_27.jpg

この前の道路が、蓮池だったらしい

IMG_28.jpg

戦国時代、豊臣秀吉が小田原征伐を行い、宇都宮仕置きをこの宇都宮城で行いました。
その時にこの蓮池で茶会を催したという記録があるそうです


IMG_26.jpg

前に蓮の種が見つかり、育てて花が咲いた記事を読みました
その記事はこちら

忍城攻めが終わった石田三成も、宇都宮にきたのでしょうかね。

って、まだ簗瀬橋に行き着かないよお











関連記事
スポンサーサイト

テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/05/15(水) 01:09:34|
  2. 日本の各地、歴史 など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<歳散歩 その4 | ホーム | 歳散歩 やっとその2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://manunoko.blog104.fc2.com/tb.php/778-dc2633c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)