id="permanent"> id="permanent">

マニュの店

手づくりと、忍城おもてなし甲冑隊&全国のおもてなし武将隊を応援中!

またまた日本の祭り

またまた、日本の祭を堪能してきました!
昔の日本の風習が残ってるといえば、祭!
私の実家では、毎年お盆の時期になると、駅前広場に櫓を組んで
盆踊り大会がありました!

小さい頃は、それが楽しみでもあり、夏の終わりを告げられているようでもあり
せつない気分になったものです。

でもいつの頃からか、そのお祭りも無くなってしまいました。
いつか復活する事を願ってます。

そんな地域もあれば700年近く踊り継がれてきた盆踊りもあります。
前からその盆踊りの名前は知っていました。

今年阿波踊りを見た時に、盆踊りは笠を被る踊りが多いなと思った事が
この盆踊りの記憶が甦ってきたのです。

「西馬内の盆踊り(にしもないのぼんおどり)」。
国指定重要無形民族文化財に指定されている、秋田県羽後町の盆踊りです

女性の笠は口元も見えないくらい深く被り、若い女性は顔を黒い頭巾で隠して踊ります。

またこの踊りの特徴は、手の動き、そして代々受け継がれてきた着物を、
着れなくなっても捨てずにハシギレとして残し
パッチワークのようにつなぎ合わせた着物を着て踊ります

手の動きがすごく柔らかで、手の動きを真似しながら観ていました。
衣装を替えれば、タイの踊りに似ていなくもない。。。

西馬内1

それにしても目を引くのは、黒い頭巾、彦三頭巾というそうですが
不思議というか、不気味というか・・
目のところだけ、穴があいています。

年齢や性別、そして生きているか亡くなっているか、そんな境界線も越えて
みんなで踊りましょうって事でしょうか

西生まない

唄が案外おかしくて、

いつも夜遊びに出るのに、嫁さんもらったら
遊びに行かなくなった、とか。。

唄はのんびりした、地元っぽい唄だなあと思いながら聞いてました。

会場はケヤキの木が日差しを遮ってくれて、暑い日差しを遮ってくれて
快適快適!
周りには各自治体の店舗が出ていて、地元ならではの食材やお酒を売っていました。



西馬内

静岡県富士宮の焼きそば、
秋田県横手の焼きそば、
鹿児島の黒豚、
岩手県八幡平のアイスクリーム
群馬の地ビールにとうもろこし。このとうもろこしは、生でもOKです

もう一度たべたーい!と買いに行ったら売り切れだった羈

福岡県黒木町の八女茶、あまおうのジャム、巨峰(皮までおいしい)
秋田県横手の白ワインと、ゆず酒
宮古島のにがうり。 はじめてゴーヤチャンプルをつくりました。

日本を丸ごと満喫しました一日でした。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

  1. 2008/08/09(土) 11:07:14|
  2. 日本の各地、歴史 など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<暑中お見舞い申し上げます | ホーム | 日本の祭り その2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://manunoko.blog104.fc2.com/tb.php/82-ca8d2252
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)