id="permanent"> id="permanent">

マニュの店

手づくりと、忍城おもてなし甲冑隊&全国のおもてなし武将隊を応援中!

さよなら 支倉様

もう終わってしまいましたが、上野国立博物館で開催していた
「支倉常長像と南蛮美術」見てきました


hasekura_20140327144434926.jpg


地下鉄の通路にポスターが貼ってあって、おもわず立ち止まって見てしまったあの日から
早ひと月。忘れずに見に行けたのは奇跡です

展示品は支倉様がヨーロッパに到着して描かれた肖像画や
世界地図が描かれた屏風などが展示されていました。

支倉常長様は、伊達政宗様の命を受け1613年、メキシコを経由しスペインからローマへ行き
法王に謁見、その後スペインに戻り通商交渉を続けるも日本が切支丹禁止礼をだしたことで
交渉が不成立なまま帰国しました。

hasekura2.jpg

法王に謁見した時は秋。
支倉様が着ている着物は秋を象徴する鹿とススキが描かれています。

そのことから、四季を意識した着物を何着か持参した可能性が高いそうです
春だったら豪華絢爛な桜模様だったかもしれません
なんといっても、伊達男 伊達政宗様自らデザインした着物ですから
そういう可能性も高いでしょう

足袋も刺しゅう入り。
色が白でなく皮のような色合いです

hasekura asi

伊達政宗様は右目を失明していたとうのが定説ですが、
実はハーフで、なおかつ右目はブルーアイだったので
それを隠していた説があるとか。

今となってはわからないことですが、そんな話があってもおかしくない
人物です

この方もお洒落だったようです

hijikata_201403271444390cc.jpg

土方さん

京都に行って撮ってきました

その話は、次のブログで・・・

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/03/27(木) 15:10:46|
  2. 日本の各地、歴史 など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<終わった、終わった、終わった!! | ホーム | 漆黒の魔神>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://manunoko.blog104.fc2.com/tb.php/876-f2d45b75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)