id="permanent"> id="permanent">

マニュの店

手づくりと、忍城おもてなし甲冑隊&全国のおもてなし武将隊を応援中!

京都の旅~輪違屋編~

壬生の続きをちょっと・・・

このあたりは、国分寺が置かれていました
下野薬師寺、あの弓削の道鏡が配流れてきた場所
意外に見どころが多い壬生です

そここを流れる二つの川

思川 おもいがわ
姿川 すがたがわ

住んでいた時は気がつかなかったけど、キレイな名前の川です

smibu3.jpg



前のブログで、次回は輪違屋、なんていいながらそのままになってました
輪違屋は 京都の島原にあります

ここは島原大門

simabara daimon

輪違屋は太夫を置いた置屋であり、角屋は料理やで太夫が呼ばれたら来る揚屋でありました

wachigaiya_20140908073243a6b.jpg

のれんも、輪違いです

wachigaiya2_20140908073244575.jpg

有名な部屋は撮影禁止なので写真はありません
しかし、暑い!こんな中太夫の着物を着て座っていたら失神しそうです

こんなところに近藤さんの書が!

kondou styo

近藤勇 藤原昌宣 書 とあります

案内をしてくれた方は、内容は特にいいません、とおっしゃってました
女子のことについて書いてあるそうでうす

そうそう、輪違屋に入る前に外にいたら突然
「御用改めである!」という大きな声が

まじビックリ

後ろを振り返ると・・・・

takinogawa_201409080732422b6.jpg

新選組滝野川隊のみなさんでした
(滝野川は東京都北区板橋の隊です。
 永倉新八さんが近藤さんのお墓を建てた板橋駅とその周辺を中心に活動されています)

本物じゃなくて、よかった!

今年は江戸から浪士隊が上京して150年
それを記念して、全国の新選組同好会や隊のみなさんが
休みを利用して中山道を歩いたそうです

そしてこの日がゴールだったということでした。

こんな暑い日にホントご苦労様でした

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:史跡 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2014/09/18(木) 23:35:29|
  2. 日本の各地、歴史 など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<新選組備忘録 | ホーム | 「幕末動乱展」に行ってきました>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://manunoko.blog104.fc2.com/tb.php/929-81c58456
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)