id="permanent"> id="permanent">

マニュの店

手づくりと、忍城おもてなし甲冑隊&全国のおもてなし武将隊を応援中!

最後の晩餐

明日死ぬとしたら最後の晩餐はなにを食べるか?

こんな話題でませんか?

今回はそれにまつわるお話

今年の1月2日 何年も仲良くさせてもらっいるお友達の旦那様が、心筋梗塞で突然亡くなってしまいました。

12月29日に一度気を失って病院に運ばれたのですが、すぐに意識を取り戻し、家で安静にしていました
お正月なので旦那様の実家に家族で行き、旦那様は実家のお節料理を食べて満足していたそうです。

その後突然倒れ、そのまま還らぬ人となってしまいました。

夫婦とも、とってもよい二人で忙しい私にご飯食べにきなよ、といつも誘ってくれてました。
私も忙しさにかまけて、1年に一度遊びに行けばいいほう。

旦那様が亡くなったあと、そのお友達の家に泊まりに行く機会が増えて、その度、旦那様は何が好きだったかなあ、と思いながら手土産を選び仏壇に供えました。

京都なら、阿闍梨餅やみたらし団子
東京なら、岡野えいせんの豆大福

12月、札幌出張のついでに夫婦で札幌ビール園にいき、サッポロクラッシックの生ビールを堪能したらしい。

だから49日は、サッポロクラッシックと崎陽軒のしゅうまいと・・・好きだったであろうものをたくさん買っていきました。

syokuji_20150308124023281.jpg

お言葉に甘えたくさん遊びに行けばよかった

いまさら後悔しても始まりません

そんな年始。
歯も痛かった年始。
2015年、まだ始まったばかりです

寒い日が続いてますが、がんばります


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/03/08(日) 12:41:35|
  2. 日本の各地、歴史 など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<震災から4年ですか。。。 | ホーム | 出たよ!でたでた~!!薄桜鬼の話>>

コメント

後悔のないように・・・ってなかなか難しいんですよね。
そう考えると当たり前のように日々過ごしているそれだけでも幸せなのかもしれません。
何年も前ですが私の父も倒れて・・・市内の大きなマラソン大会だったので救急車も待機していたのですぐに病院に運ばれて助かりました。
今でも心臓の除細動器の点検や定期的に手術もありますがもしも実家のような田舎で倒れていたら助かっていなかったそうです。
色々と考えさせられた出来事です。
母は自分の誕生日が来ると遺言状を書き換えているようですよ…
  1. 2015/03/08(日) 23:04:29 |
  2. URL |
  3. ずんずんずんこたん #ZAud39TQ
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ずんずんずんこたんサマ

コメントありがとうございました!
亡くなったことが信じられなかったのは旦那様自身だったんじゃないかな、と
今でも思います

後悔しないよう、身の回りは整理しておかないと・・・(>_<)

お父様、そうだったんですね。
ご家族は気が気でないですね。うちの祖父も40代で心臓発作で倒れ
私が中学生の時に突然亡くなってしまいました

心の準備がないので残された家族はどうしていいのか
アタフタしてました
祖父はわかっていたのか、1つ作品を作っていました
実家が建具屋なので。

それを見る度「終い」について考えます

ずんずんずんこたんサマのお母様のお話も
考えさせられました


  1. 2015/03/10(火) 23:38:31 |
  2. URL |
  3. まにゅ(手作り)の子 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://manunoko.blog104.fc2.com/tb.php/977-f1614e34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)